妊娠中に引っ越しをした時の母子手帳の手続きは?

母子手帳は、区市町村ごとに交付されるものですが、基本的な内容部分は全国的に共通となっています。
そのため引っ越しをしてもそのまま使用することができます。
しかし、母子手帳と一緒に交付される妊婦一般健康診査受診票や助成券などの検査補助券はそのまま使用することはできません。
補助の金額は、区市町村によって変わってくるのです。
母子手帳に関する引っ越しによる転入手続きとしましては、引っ越し先の区市町村の役所にある衛生部や保健センターで住所変更を行うことになります。
未使用分の検査補助券は、引っ越し先の区市町村交付のものと交換してもらう手続きをとります。
引っ越し前の区市町村での受診料の払い戻しがある場合もありますから引っ越しの前に確認して済ませておく必要があります。
母子手帳は、生まれてくる赤ちゃんの成長の記録としてとても大切なものです。
基本的には、一人の赤ちゃんに対して一冊を使い続けることになっています。
引っ越したら、引っ越し先の役所に母子手帳と未使用分の検査補助券、印鑑を持参して手続きを行いましょう。
区市町村によって手続きを行う場所等が違っていますので、こちらを参考に持参するものと場所の確認を予めしておくと安心です。