自己破産をする前に任意売却をするメリット

自己破産による債務整理を考えている方は、借金が多額で、他の債務整理による方法では返済しきれない場合がほとんどでしょう。住宅ローンの支払いがかさんでいる方は、自己破産の申立前に、住宅を任意売却して処分する方がいい場合があります。
申立前に任意売却しても、自己破産が認められ免責許可が下りれば、原則として20万円を超える資産を手放さなくてはいけないので、何の意味もないように思えるかもしれません。しかし、申立前に債権者に分配できる財産がある場合には管財事件として扱われ、免責までに時間がかかります。それに予納金を支払う必要があります。予納金は少額管財事件では20万円、通常の管財事件では50万円となり、多額のお金が必要となります。
申立前に任意売却で自宅を処分して、自己破産者に財産がないようなら、同時廃止となり、早く免責の認可が下り、生活の立て直しがしやすくなります。弁護士への依頼料金も管財事件の時よりも安価に抑えることができる可能性が高くなりますので、できれば債務整理の前に任意売却を済ませるといいでしょう。中には、任意売却が資産隠しとみなされ、自己破産をしても免責の決定が否認されるのではと心配される方もいるようですが、不当に安く売却をしたり、一部の債権者に対して有利になるようにしなければ、裁判所で問題にされることは原則としてありません。
【参照】http://www.cpdrhu.org/